About:会社概要

社長メッセージ

ラジカルオプティは、2017年7月3日で丸10年
11年目を迎える事になりました。

この10年は皆様に支えられて、支えられ続けた10年だと感じています。
毎年、多くの会社が志半ばで消えていく中で、
実績としてのこの10年と言う数字はとても重く感じます。

 

本当に有難うございました。
心より感謝申し上げます。

 

そして、次の10年へ

 

これからも私達ラジカルオプティは、
テクノロジー、デザインに徹底的に拘ったICT(Information and Communication Technology)エンジニアリングのプロフェッショナルとして、
お客様のビジネスを全力でサポートする事をお誓い申し上げます。
また、従業員全員の心身の健康と充実したワークライフに責任を持ち、
優れたICTサービスの提供と言う、本業を通じて社会に貢献致します。

 

ICTの技術はこれからも加速度的に進化していきます。
AI元年とも言われる2017年に11期目を迎え、次のステージが見えてきました。
只今、AI技術を多くのお客様に使って頂くため、着々と準備を進めております。
製品や特定のサービスと言った形式ではなく、お客様それぞれに合わせられる、スクラッチに近いAIソリューションを開発しております。

 

また、5月より株式会社ロックオン様と資本提携をしております。
株式の20%を保有して頂き、持ち株適用会社、いわゆるグループ会社となります。
ロックオン様は関西のベンチャー界のカリスマ企業の一つで、アドエビスやEC-CUBEなど様々なサービスを展開しています。
弊社とは以前よりECサイトの開発でご縁があり、パートナーとしてお付き合いがございました。
次のステージに向けた、選択と集中、と言う経営方針の元、創業事業であるシステムの受託開発事業を弊社に移管する形で進んでおります。
ロックオン様の顧客は素晴らしいお客様ばかりで、社員一同身が引き締まる思いです。
今後はロックオン様とも様々な面で、シナジーが出せる様に、私達も日々進化していきます。

 

2017年度のスローガンは、
ビジネスアプリケーションの世界に、感性と感動と感謝を!
と、しました。

 

ビジネスアプリケーションは、ゲームやスマホアプリと違い、業務に必要だから仕方なく使っている、と言う側面がどうしてもあります。
厳しい予算や納期の中で、デザイン性が後回しになったり、社内外の政治などで妥協が入ってしまう事もあります。
そんな、ビジネスアプリケーションの開発に誇りを持って楽しんで取り組みたい。
そして、使って頂くユーザー様に感動を与え、喜んで頂きたい。
そういった想いを込めました。

 

この10年は決して平坦な10年ではありませんでした。
たくさんの出会いと分かれがあり、またこれからもたくさんの出会いと別れがあると思います。
それら全てに感謝しながら、一歩ずつ歩んで行ければと思います。

 

次の10年、20年に向けて、ラジカルオプティにご期待ください!

2017年7月

株式会社 Radical Opti

代表取締役 CEO

青木紘史


Facebookはこちら