新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

昨年2017年は、株式会社ロックオンとの資本提携とそれに伴うEC開発業務の引き継ぎもあり、大きく事業が拡大した一年でした。
これは、弊社の技術力と顧客に対する真摯な姿勢が評価された結果だと、誇りに思っています。

さて、2017年はテクノロジーに身を置く私達にとって、そして世界にとって激動の年でした。
2016年にはAIが、囲碁で世界トップクラスの棋士である、韓国のイ・セドルに4勝1敗で勝利し、世界を震撼させましたが、2017年は世界最強と言われる柯潔に3戦全勝と完勝しました。
これはもう未来永劫、人間が囲碁においてAIに勝てる事はないと言う事です。
また、仮想通貨も多く盛り上がり、仮想通貨元年と呼べる年になったのではないでしょうか?
2017年初、10万円程度だったビットコインは、2017年末に150万円を超える価値を持ちました。
このビットコインを始めとした仮想通貨の中核を担うのがブロックチェーンで、
新しい経済の流れも、技術が極めて重要な役割を果たしています。

こういった、テクノロジーの進歩に対して、警戒を強める風潮もあります。
すでにAIの倫理観を議論したり、様々な形で制限をかけ、人間と共存する形を検討している団体も存在します。
その一方で、人間の身体をテクノロジーで補う事が当たり前になり、
今後ますます、人間はロボット化していくでしょう。
起こり得る未来として、近い将来オリンピックの記録をパラリンピックの記録が超えると言われています。
すでに一部の競技では、肉薄しているものも有り、
次の東京オリンピックでは、その傾向がより強くなると予想されています。

そういう時代の中、私達は何をするべきなのか。

私たちは、
技術は常に人間に新しい可能性を拓き、人々を幸せにするべきだと考えます。

より人間に向き合って、技術の存在意義である、
「人々を幸せにすること」
この一点に目をそらさずに、テクノロジーに向き合い続けたいと思っています。

今年のラジカルオプティは、昨年度と違った形での勝負の年となります。
より良い ITソリューションの提供のため、
プロフェッショナルとして、チームとして、会社として、
しっかりとお客様に寄り添って、

何でもご相談頂ける「お客様にとってのNo1ベンダー」を全てのお客様で目指したいと思います。

日本のITで世界と勝負!

阪神大震災から23年が経った本日、
改めて、日々お仕事をさせて頂いている事に感謝し、
兵庫県で生まれた弊社が、関西から世界と戦う一歩を踏み出すため、
全社一丸となって全力を尽くす事をお誓い申し上げます。

2018年のラジカルオプティにどうぞご期待ください。

本年一年よろしくお願します。

年末年始の営業のお知らせ

2017 年 12 月吉日
取引先各位

拝啓 時下益々ご清祥の事とお慶び申し上げます。
日頃より弊社サービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

弊社では勝手ながら、以下の期間中を年末年始休業期間とさせて頂きます。弊社サービスに関する E-mail でのお問い合わせは、下記期間中も受け付けておりますが、緊急の場合を除き、ご返答につきましては2018 年 1 月 4 日(木)よりとさせて頂きますのであらかじめご了承下さい。

休業期間中、お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、 何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

敬具
株式会社ラジカルオプティ

休業期間 : 2017 年 12 月 29 日(金)~2018 年 1 月 3 日(水)
※休業期間中も弊社サービスの運営及びサーバ監視等につきましては、通常通り行っております。

以上

AWSome Day! part2

先週お伝えしたAWSのセミナー、AWSome Day!

今回初めて、セミナーに参加してきたのですが、
AWSのEC2やS3、RDSなどの各種サービスの概要や、クラウドコンピューティングについて、
また、Amazon Web Serviceの在り方など、様々なことについて触れる機会となりました!

今回、一番印象に残ったのはクラウドとオンプレミスの考え方や扱い方の違いです。

同じ機能を持ったサーバーと仮想サーバーでも運用方法が全く異なります。
その考え方の違いをセミナーでわかりやすく説明していただきましたので、ご紹介します。

タイトルにある、
Are your server PETS or CATTLE ?
は海外のクラウドとオンプレミスの違いを表現するのに使用される言葉です。
今までは、サーバーを障害起きないように多大なお金と労力を使って、まさにペットのように丁寧に扱われてきました。
これに対して、クラウドを家畜の群れのように例え、障害が起きることを前提にして複数の仮想サーバーを管理します。
障害が発生した場合は障害があるサーバーを落として、新しいサーバーを作成し、システム全体の安定性、安全性を保証します。
要するにサーバーに対する考え方を変えないと、オンプレミスから移行してクラウドで稼働することや効率の良い運用が難しくなります。
これからの時代に合わせて、ペットと家畜の両方の考え方を持ったフルスタックエンジニアになりたいですね。

今回は、日本人一名と台湾人二名で行ってきたのですが、
ここで台湾のAmazonについて紹介しましょう。Amazonは台湾の台北にも支店があります。

そして、AWSのサービスも色々な台湾企業が使っています。しかし、Amazonオンラインショップとデータセンターが台湾には未だありません。
ちょっと残念なので、早く進出してほしいと台湾人として思います!

AWSome Day! part1


先日、Amazon Web Service(AWS)が主催したセミナーに行ってきました!
新入社員2名を含む、若手エンジニア3名での参加になります。

近年、Iaasサービスがどんどん増えてきて、 Webサービス、VPN構築、IoTサービス、さらに、高度な自動化した開発手法DevOpsAWSで稼働したりする傾向が見えてきます。

したがって、AWSの知識を身に付けなければ、時代遅れになるのではないかと思い、 入社したばかりでしたが、思い切ってAWSセミナーに行かせてもらえないか社長に頼み、業務として行かせていただきました!

当日は三人の講師に要点とAmazonの概況とよく使われてるサービスを紹介していただきました。

1日という限りある時間でしたが、かなり充実した1日になりました。

セミナーは5クラスで、AWSのサービスの概要、EC2、RDSとDynamoDB、Security、IoTなどをテーマにして、Step by stepで解説していただきました。

AWSセミナーを通じで、徹底的にAWSサービスを理解できていなくても、AWSの概観を把握できて、AWSを活用できる一步を踏み出せました!

会社の支援のおかげで、より勉強できる環境を作ってもらうことによって開発現場も、より効率的かつ先進的な開発手法に取り組めるということは、 会社の核心価値の一つだと思います。

これからも、様々なイベントに参加し、たくさんの知識を取得してて会社と一緒に成長していきたいと思います。

Googleアナリティクス初期設定ワークショップ & ヒートマップを使ったPDCAを回すコツ セミナー

先日社内のメンバーとGoogleアナリティクスとヒートマップのセミナーに行ってきました!

皆さん自社のウェブサイトで、Googleアナリティクス(以下GA)は設定されていますか?
さらに設定されている方で、そのレポートを活用できていますか?
なかなか活用までできている会社は、、、少ないかもしれません。

それは、ウェブサイトでしっかりと売上の上がる会社が少なく、まだまだ「とりあえず作りました」的なところが多いためだと思います。

また、担当者も兼任することがほとんどで、担当者も忙しくなると更新できない、、、ということがあると思います。

弊社でも、クライアントのウェブサイトへGAを設定させていただいております。
ただ、他社ではどのような設定をしているのか、比べたことがなかったため、どのような設定をGAに行うのか、それの調査も兼ねて、セミナーに参加してきました。

【セミナー内容】
今回のセミナー内容は、初期設定に特化しており、初期設定を誤ると、正しいデータが取れなくなります。
ほとんどがGA設定画面のことで、内容について既知のものでしたが、効率化のためにさまざまなツールを開発され、設定をスピーディにできるようにされていたのは、驚きでした。

また、いままで自社で行っている設定と、他社で行っている設定を比較して、良い面、抜けている面もあり、非常に参考になりました。
セミナーで学んだ内容を、しっかりとお客様のフォローのために活用したいと思います。

大変参考になりました!

株式会社ロックオンとの資本業務提携のお知らせ

当社は2017年4月27日に株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市、社長:岩田 進、以下、ロックオン)との間で、下記のとおり、資本業務提携を行いましたので、お知らせいたします。
これにより、ロックオンから当社に対する出資比率は 20.0%となり、当社はロックオンの持分法適用関連会社になりました。

 

1.資本業務提携の理由
ロックオンは、中核事業であるマーケティングプラットフォーム事業の成長を加速させていくため、社内の人的資源を同事業へ集中させていくことが急務となっており、事業の絞込みを進めるうえで、ECサイト受託開発事業に強いビジネスパートナーとの連携を求めておりました。
一方、当社は、大阪市を拠点としてインターネット上のウェブサイト企画制作、コンピューターシステム及びソフトウェア開発をしております。
当社はこれまでもロックオンのパートナー企業の1社として、ECサイト受託開発事業等を共に手がけてきておりますが、今後事業を拡大していくうえで、より強固な協力関係を期待できる事業会社を求めておりました。
今般、両社のニーズが合致し、相互のビジネスの発展に寄与するものとして、提携いたしました。

 

2.資本業務提携の内容
(1) 業務提携の内容
両社は、ECサイト受託開発事業について幅広い業務協力を実施していくこととしてお
りますが、その具体的内容については今後協議していく予定です。

 

(2) 資本提携の内容
本業務提携の効果をより確実にするため、当社はロックオンを割当先とした第三者割当増資実施します。ロックオンは当社の普通株式 55 株(増資後の発行済株式総数に対する所有割合 20.0%)を取得いたしました。

 

【株式会社ラジカルオプティ 会社概要】
■所在地:〒531-0072 大阪府大阪市北区豊崎5-6-2 北梅田大宮ビル1F
■代表者名:青木 紘史
■設立年月日:2007年7月3日
■事業内容:システム開発事業(請負)、クラウド型システム開発事業(自社サイト)
■資本金:2,500万円
■URL:https://rdcl-opti.co.jp/

 

【株式会社ロックオン 会社概要】
■所在地:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
■代表者名:岩田 進
■設立年月日:2001年6月4日
■事業内容:マーケティング ロボットの提供
■資本金:27,648万円
■証券コード:3690(東京証券取引所マザーズ市場上場)
■URL:http://www.lockon.co.jp/

 

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社ラジカルオプティ
担当:岸本
TEL:06-6450-8903
info@rdcl-opti.co.jp