AWSome Day! part2

AWSome Day! part2

先週お伝えしたAWSのセミナー、AWSome Day!

今回初めて、セミナーに参加してきたのですが、
AWSのEC2やS3、RDSなどの各種サービスの概要や、クラウドコンピューティングについて、
また、Amazon Web Serviceの在り方など、様々なことについて触れる機会となりました!

今回、一番印象に残ったのはクラウドとオンプレミスの考え方や扱い方の違いです。

同じ機能を持ったサーバーと仮想サーバーでも運用方法が全く異なります。
その考え方の違いをセミナーでわかりやすく説明していただきましたので、ご紹介します。

タイトルにある、
Are your server PETS or CATTLE ?
は海外のクラウドとオンプレミスの違いを表現するのに使用される言葉です。
今までは、サーバーを障害起きないように多大なお金と労力を使って、まさにペットのように丁寧に扱われてきました。
これに対して、クラウドを家畜の群れのように例え、障害が起きることを前提にして複数の仮想サーバーを管理します。
障害が発生した場合は障害があるサーバーを落として、新しいサーバーを作成し、システム全体の安定性、安全性を保証します。
要するにサーバーに対する考え方を変えないと、オンプレミスから移行してクラウドで稼働することや効率の良い運用が難しくなります。
これからの時代に合わせて、ペットと家畜の両方の考え方を持ったフルスタックエンジニアになりたいですね。

今回は、日本人一名と台湾人二名で行ってきたのですが、
ここで台湾のAmazonについて紹介しましょう。Amazonは台湾の台北にも支店があります。

そして、AWSのサービスも色々な台湾企業が使っています。しかし、Amazonオンラインショップとデータセンターが台湾には未だありません。
ちょっと残念なので、早く進出してほしいと台湾人として思います!